ファッション

「アディダス オリジナルス」×「ベッドフォード」が初のコレクション ウエア全5型、スニーカー全3型

 「アディダス オリジナルス(ADIDAS ORIGINALS)」は9月20日、「ベッドフォード(BED J.W. FORD)」との初のカプセルコレクションを発売する。「アディダス」の歴史への尊敬の念と、「ベッドフォード」のプログレッシブなデザイン哲学を融合。ウエアやスニーカーを用意し、「アディダス」公式オンラインストア、ドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)などで取り扱う。

 ウエアは、腕とボディーの内側に目を引くモチーフやゴールドのスリーストライプの刺しゅうを施した全5型。ネイビーとバーガンディーレッドのカラーにウーブンとニットの混合素材を採用したウインドブレーカー(3万円)やジャケット(5万円)、フットボールの審判のユニホームからインスパイアされ、フロントのハーフジップやスナップボタンが特徴のゲームシャツ(2万2000円)など。

 スニーカーは、ブラックカラーをベースに全3型を用意。フットボールからイメージし、ミッドカットの限定的なテラスクラシックモデルの“アディダス カマンダ(KAMANDA)”(2万5000円)、バスケットボールコートからインスピレーションを受けたマルチパネルデザインの“クレイジー BYW(CRAZY)”(2万5000円)、アッパー全体で感じるトラディショナルな高級感とユニークさ溢れるソックライナーを採用した“コルシカ(KORSIKA)”(2万2000円)をそろえる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら