スナップ

中国版「デイズド」の刊行も発表 上海のストリートウエアイベント「YO’HOOD」の来場者スナップを一挙公開

 中国・上海で8月29日から3日間にわたって開催された同国最大規模のストリートウエアブランド展示イベント「YO’HOOD」で、英雑誌「デイズド(DAZED)」の中国版の刊行が発表された。「YO’HOOD」はファッション雑誌やEC事業を手掛けるYOHO!グループによるファッションイベントで、今年が7回目の開催となる。

 今年の「YO’HOOD」のテーマは“Youthquake”。ファッションに貪欲な中国のZ世代(1990年代半ばから2000年代前半生まれの世代を指す)からの支持を得て地盤を固めようと、150以上のブランドが参加した。おなじみの「アディダス(ADIDAS)」「オニツカタイガー(ONITSUKA TIGER)」「プーマ(PUMA)」のほかに、「ビン・スー(BING XU)」とのコラボアイテムのバックパックを発表した「モンブラン(MONTBLANC)」や、ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)が自身のミドルネームを冠したファッションブランド「ドリュー ハウス(DREW HOUSE)」、さらには「イプサ(IPSA)」をはじめとするコスメブランドの参加も見られた。

 「デイズド」はラディカルなファッションと若者文化を支持する英国の雑誌で、中国版は香港の起業家、エイドリアン・チェン(Adrian Cheng)が率いるCベンチャーズ(C VENTURES)とYOHO!グループが立ち上げた。「デイズド」創刊者の一人であるジェファーソン・ハック(Jefferson Hack)は、「『デイズド』はすでに多くの若い中国人フォトグラファーやアーティストたちと仕事をしている。中国におけるクリエイティブ表現の新時代の到来を実感している今、タイミングは完璧だ。われわれは数年間にわたってパートナーを探していたため、マーズ・リャン(Mars Liang)YOHO!グループ創立者兼最高経営責任者を紹介されて全てのことがうまく行き始めた」と語った。

 中国版「デイズド」の刊行も発表された中国の一大ファッションイベント「YO’HOOD」の今年の来場者たちのスナップをお届けする。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら