ファッション

中国版「デイズド」の刊行も発表 上海のストリートウエアイベント「YO’HOOD」の来場者スナップを一挙公開

 中国・上海で8月29日から3日間にわたって開催された同国最大規模のストリートウエアブランド展示イベント「YO’HOOD」で、英雑誌「デイズド(DAZED)」の中国版の刊行が発表された。「YO’HOOD」はファッション雑誌やEC事業を手掛けるYOHO!グループによるファッションイベントで、今年が7回目の開催となる。

 今年の「YO’HOOD」のテーマは“Youthquake”。ファッションに貪欲な中国のZ世代(1990年代半ばから2000年代前半生まれの世代を指す)からの支持を得て地盤を固めようと、150以上のブランドが参加した。おなじみの「アディダス(ADIDAS)」「オニツカタイガー(ONITSUKA TIGER)」「プーマ(PUMA)」のほかに、「ビン・スー(BING XU)」とのコラボアイテムのバックパックを発表した「モンブラン(MONTBLANC)」や、ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)が自身のミドルネームを冠したファッションブランド「ドリュー ハウス(DREW HOUSE)」、さらには「イプサ(IPSA)」をはじめとするコスメブランドの参加も見られた。

 「デイズド」はラディカルなファッションと若者文化を支持する英国の雑誌で、中国版は香港の起業家、エイドリアン・チェン(Adrian Cheng)が率いるCベンチャーズ(C VENTURES)とYOHO!グループが立ち上げた。「デイズド」創刊者の一人であるジェファーソン・ハック(Jefferson Hack)は、「『デイズド』はすでに多くの若い中国人フォトグラファーやアーティストたちと仕事をしている。中国におけるクリエイティブ表現の新時代の到来を実感している今、タイミングは完璧だ。われわれは数年間にわたってパートナーを探していたため、マーズ・リャン(Mars Liang)YOHO!グループ創立者兼最高経営責任者を紹介されて全てのことがうまく行き始めた」と語った。

 中国版「デイズド」の刊行も発表された中国の一大ファッションイベント「YO’HOOD」の今年の来場者たちのスナップをお届けする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら