ビジネス

「渋谷スクランブルスクエア」の高さ230メートルの展望施設 ライゾマと組み、“非日常”の体験を提供

 東急電鉄、JR東日本、東京メトロは、渋谷駅の上に11月1日オープンする「渋谷スクランブルスクエア」の展望施設「渋谷スカイ(SHIBUYA SKY)」の施設内容を発表した。地上46階、高さ230メートルを誇る渋谷最高峰の展望施設となる。メディアアートなどを手掛けるクリエイティブ集団ライゾマティクスのデザイン部門を演出プランナーに起用し、“非日常”と“解放感”をテーマとしたユーザー体験を提供する。14〜45階をつなぐ上昇空間「スカイ ゲート」、46階の屋内展望空間「スカイ ギャラリー」、屋上展望空間「スカイ ステージ」の3つで構成する。入場はチケット制で、11月分のチケット予約を9月1日10時からオフィシャルサイトで受け付ける。

 上昇空間「スカイ ゲート」には、チケットカウンターから45階までを往復する体感型エレベーター「トランジションポッド」を設置。速度や重力に合わせて変化する天面映像と立体音響が、屋上への期待感を高める。屋内展望空間「スカイ ギャラリー」には、渋谷と世界の都市の街並みを融合させる「パラレルウィンドウズ」をはじめ、ガラス越しの眺望体験と空間演出が融合するコンテンツを配置する。同階はほかに、トランジットジェネラルオフィスが運営するカフェ&バー「パラダイス ラウンジ」や、土産店「シブヤスカイスーベニアショップ」も出店する。

 屋上展望空間「スカイ ステージ」は、空と一体となるような演出やアクティビティーを用意する。スクランブル交差点を直下に見下ろせる「スカイ エッジ」や、ネットに寝そべることで雲の上にいるような感覚を味わえる「クラウド ハンモック」、360度のパノラマビューを体験できる「ジオ コンパス」、18本のサーチライトが空を彩る「クロッシング ライト」で構成する。

 チケット料金は、大人1800円(当日2000円)、中・高校生1400円(当日1600円)、小学生900円(当日1000円)、幼児500円(当時600円)、3歳未満無料。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら