ビューティ

スキンケアブランドの「キールズ」が日本の森再生プロジェクト 東京・原宿でイベント開催も

 ニューヨーク発のスキンケアブランド「キールズ(KIEHL’S SINCE 1851)」は、よりよい未来の創造を目的とした“MADE BETTER”をミッションに掲げ、5つの“約束”のうちの“キールズ ギブズ”で、ショッピングバッグを持参した客につき10円を森林保全団体に寄付するプロジェクトを開始し、日本の森林再生に貢献する。

 “MADE BETTER”は“キールズ ギブズ”をはじめ、“天然由来成分の使用”“サステイナブルな資源の選定”“資源のリサイクル”“責任のあるパッケージ開発と生産“の5つの“約束”を定めている。これらの活動を広めるため8月31日〜9月1日に顧客向けイベント「MADE BETTER MARKET」を東京・原宿で開催する。

 今回のイベントでは“MADE BETTER”の5つの“約束”に対応した5つのブースを設け、「キールズ」の化粧水の成分に使われているカレンデュラの植栽や、成分をイメージしたドリンクの試飲などのコンテンツを用意する。

 またオリジナルトートバッグをはじめとした来場者特典も豊富にそろえる。各ブースで5つのスタンプを押したオリジナルトートバッグを店舗に持参した人には、季節に合わせたミニサンプルをプレゼント。アポセカリーブースでスキンケアカウンセリングを受けた人には、肌に合わせたスキンケア製品のサンプルを会場で配る。

 さらにイベントで展開する「わたし成分ラベル」と題したキャンペーンでは、いくつかの質問への回答で自分の名前や構成する要素、“地球への優しさ度”を明記したオリジナルラベルを作成。このラベルは化粧水製品「キールズ カレンデュラトナー」(250mL / 500mL)のボトルに貼ることができる。

◼︎キールズ “MADE BETTER MARKET”
日程:8月31日〜9月1日
時間:11:00〜19:00 / 11:00〜18:00
場所:ジング(JING)
住所:東京都渋谷区神宮前6-35-6
入場料:無料

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら