ファッション

ZOZOが地元千葉のマリーンズ&ジェフ&ジェッツとクロスコラボ 期間限定アイテムを販売

 ネット通販サイト「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を運営するZOZOは、千葉ロッテマリーンズとジェフユナイテッド市原、千葉ジェッツふなばしという千葉県のプロスポーツ3球団とコラボレーションしたウエアを販売する。浮世絵アーティストの三巴彫ひろ(みとも・ほりひろ)が各球団の主力選手やマスコットキャラクターを浮世絵風に描いた絵をプリントしたTシャツやパーカ、ポスターなど合計22アイテムを8月13日から販売する。

 ZOZOはこれまでも地元のプロスポーツのサポートやコラボレーションに積極的で、今回はプロ野球、サッカー、バスケットボールという競技の枠を超えた取り組みになる。千葉ロッテマリーンズからは福浦和也、荻野貴司、平沢大河が、マスコットキャラクターのマーくん、ジェフユナイテッド市原からは佐藤勇人らが、千葉ジェッツからは富樫勇樹らが描かれている。アイテムはTシャツが4104円、ロンTが5184円、パーカが7020円、ポスターが2700円。

 9月14〜16日には、コラボレーションアイテムに使用した浮世絵の原画を、千葉市立美術館で展示する。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら