ファッション

ZOZOが地元千葉のマリーンズ&ジェフ&ジェッツとクロスコラボ 期間限定アイテムを販売

 ネット通販サイト「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を運営するZOZOは、千葉ロッテマリーンズとジェフユナイテッド市原、千葉ジェッツふなばしという千葉県のプロスポーツ3球団とコラボレーションしたウエアを販売する。浮世絵アーティストの三巴彫ひろ(みとも・ほりひろ)が各球団の主力選手やマスコットキャラクターを浮世絵風に描いた絵をプリントしたTシャツやパーカ、ポスターなど合計22アイテムを8月13日から販売する。

 ZOZOはこれまでも地元のプロスポーツのサポートやコラボレーションに積極的で、今回はプロ野球、サッカー、バスケットボールという競技の枠を超えた取り組みになる。千葉ロッテマリーンズからは福浦和也、荻野貴司、平沢大河が、マスコットキャラクターのマーくん、ジェフユナイテッド市原からは佐藤勇人らが、千葉ジェッツからは富樫勇樹らが描かれている。アイテムはTシャツが4104円、ロンTが5184円、パーカが7020円、ポスターが2700円。

 9月14〜16日には、コラボレーションアイテムに使用した浮世絵の原画を、千葉市立美術館で展示する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら