ニュース

「ニート」のパンツがラグジュアリーに変身 シルクのような光沢のラクダ毛で別注

 西野大士デザイナーのパンツ専業ブランド「ニート(NEAT)」は、キャメル(ラクダ毛)素材を使用した高級モデルを北千住のセレクトショップ、アマノジャクで17日から受注販売する。同セレクトショップの1周年を記念し、別注商品を企画した。

 カシミヤと同等の繊維質の細さでシルクのような光沢感を持つキャメルを、カジュアルパンツの「ニート」に落とし込むことでラグジュアリーなムードを同居させた。同ブランドの定番である“ワイド”“ベルトレス”の2型で展開する。価格はいずれも5万円と、同ブランドの平均価格帯である3万5000円前後よりも高めとなる。