ファッション

「ザディグ エ ヴォルテール」が19-20年秋冬のキャンペーンミューズにケイト・モスを起用

 仏ブランド「ザディグ エ ヴォルテール(ZADIG & VOLTAIRE)」は、2019-20年秋冬の新広告キャンペーンミューズにモデルのケイト・モス(Kate Moss)を起用し、7月9日にキャンペーンビジュアルを公開した。

 同ブランドのアートディレクター、セシリア・ボンストロム(Cecilia Bonstrom)が、“感性豊かに生きる女性の姿”を表現するブランドのミューズとして、その姿を体現するモスに注目。撮影では、レザージャケットやシャツ、カウボーイブーツなどのアイテムを着用、ブロンドヘアにノーメイクのナチュラルビューティーが完成した。モスは、セシリアとデザインチームの作業にコンセプト段階から積極的に参加した。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら