ニュース

「G-SHOCK」と「BABY-G」が海を守る環境団体とコラボ クジラやイルカをモチーフにスペシャルモデル発売

 カシオ計算機はカジュアルウオッチ「G-SHOCK」「BABY-G」から6月7日、毎年恒例となっている海を守る環境団体とのコラボレーションアイテムを発売する。イルカやクジラと自然の素晴らしさ、大切さを伝える環境団体アイサーチ・ジャパン、女優の田中律子が理事長を務めるサンゴの保全活動をする団体「アクアプラネット」とのコラボモデルなどをそろえる。

 アイサーチ・ジャパンとのコラボは、クジラのイラストを施した“G-SHOCK フロッグマン”(4万8000円)やイルカのイラストをバンドに施した“BGD-5001K”(2万1000円)など、「アクアプラネット」とのコラボモデルはピンクが特徴の“BGA-250AQ”(2万1000円)となる。

 また、アイサーチ・ジャパンとのコラボが今年25周年を迎えることを記念して、代官山 蔦屋書店で6月7日から6月30日まで、海をテーマにしたフェアを開催する。同フェアでは、アイサーチ・ジャパンモデルのほか、プロサーファーの五十嵐カノア選手とのコラボに加え、「G-SHOCK」「BABY-G」の新商品を展示販売する。また、アイサーチ・ジャパンモデルのイラストを描き下ろした、あらたひとむの作品や海そのものについて学べる書籍なども用意する。

 また、6月11日に海を舞台に活躍する3人のスペシャルトークショーを開催する。田中律子と水中写真家の峯水亮、アイサーチ・ジャパン代表の相良菜央をゲストに迎え、これからの海をテーマにそれぞれの思いを聞く。