ビジネス

「ザ・ボディショップ」のナチュラ・コスメティコスがエイボンを買収

 ブラジル最大規模のビューティ企業、ナチュラ・コスメティコス(NATURA COSMETICOS、以下ナチュラ社)は米国発祥で現在は英国に本社を置くエイボン・プロダクツ(AVON PRODUCTS)を買収すると5月22日に発表した。ナチュラ社が76%を、エイボン・プロダクツが24%の株式を所有する新会社ナチュラ ホールディングス(NATURA HOLDINGS)を設立する。ナチュラ社は2017年にロレアル(L'OREAL)から「ザ・ボディショップ(THE BODY SHOP)」を買収しており、オーストラリア発のスキンケアブランド「イソップ(AESOP)」も保有する。ナチュラ社によると、今回の買収により世界で4番目に大きい美容専業企業となり、年間総収入は100億ドル(約1兆1000億円)以上になるという。

 近年、エイボン・プロダクツの事業は苦戦し、グローバルビジネスを強化するため、特に業績の悪かった北米事業部を16年に分社化。北米事業の株式80.1%を1億7000万ドル(約187億円)で投資会社のサーベラス・キャピタル・マネジメント(CERBERUS CAPITAL MANAGEMENT以下、サーベラス)に売却し、ニュー エイボン(NEW AVON)として独立させた。その後19年4月に韓国のLGハウスホールド&ヘルスケア(LG HOUSEHOLD & HEALTH CARE、)が、ニュー エイボンをサーベラスから1億2500万ドル(約137億円)で買収した。

 なお、エイボン・プロダクツの18年度の売上高は前期比10%減の37億5000万ドル(約4125億円)だった。ブラジルやロシア、フィリピンなどを中心としたグローバルビジネスは、18年初めに就任したユニリーバ(UNILEVER)出身のヤン・ザィデルフェルト(Jan Zijderveld)最高経営責任者(CEO)のもと、電子パンフレットや電子トレーニングプログラムなどを行い、近代化に取り組んできたが、訪問販売の売り上げは減少し続けている。

 米証券会社ジェフリーズ(JEFFERIES)のステファニー・ウィシンク(Stephanie Wissink)=アナリストは「ナチュラ社とエイボン・プロダクツはここ10年間でブラジルにおいてのシェアを失っており、かつては09年に両社合わせてブラジル市場の24%のシェアを占めていた」と語る。その後ブラジルの美容市場規模が倍増する中で、その地位をユニリーバやボティカ(BOTICA)が占めるようになっていたという。「この買収が成立すればナチュラ ホールディングスは同国内の美容とパーソナルケア市場でトップの地位なるだろう」と推測する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。