ニュース

勢いづく「セルフォード」 秋冬はおしゃれで値ごろなモノづくりも進化

 マッシュスタイルラボの「セルフォード(CELFORD)」2019-20年秋冬は、値ごろかつおしゃれな、客の目線に寄り添ったモノ作りをさらに強化する。これまで主力のオケージョン対応アイテムにおいては、デザイン性の高いワンピースなどを2~3万円台で提供してきた。「今季は、職人さん泣かせだったかもしれないが、商品を見た後に値札を見て驚くようなモノ作りをさらに突き詰めた」(一真由子プレス)。

 2019-20年秋冬は、スペイン・マドリードのガラスの宮殿クリスタルパレスに思いを馳せ、華やかな刺しゅうやつややかな素材、キラキラ光るブローチなどのアクセサリーで夢見るような世界観を表現した。トルソーに着せて目立たせたノースリーブのワンピース(4万2000円)は、八芒星などをモチーフにハンドカッティングした合皮のボディーに、複雑な模様のレース刺しゅうを重ねる非常に手の混んだ作りだ。

 「これまでは一枚で主役になるアイテムがけん引してきたが、今期はセパレートで使えるアイテムにも力を入れた」という。上質な光沢が美しいシルクウールのシリーズは、ジャケット(2万6000円)、スカート(1万8000円)、ワンピース(2万7000円)を全てそろえても10万円でお釣りがくる価格。愛知・尾州のミックスツイード素材を使用したジャケット(3万4000円)も、7種の糸を組み合わせたオリジナル生地で仕立てた上品なルックスが存在感を放った。

 積極的な出店も継続する。今春、大丸神戸店、三越銀座店、高島屋横浜店、高島屋玉川店、西武池袋本店、三井アウトレットパーク木更津に6店舗をオープンし、計14店舗体制となった。足元も好調で、この秋には岡山一番街(岡山市)などに3〜4店舗の増設を計画する。