ファッション

「マルニ」表参道ヒルズ旗艦店オープン 「ゆっくり旅する日本庭園のイメージ」とデザイナー

 「マルニ (MARNI)」は4月26日、表参道ヒルズの西館1階に旗艦店をオープンした。これまで「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」のショップがあった場所。300平方メートルの店舗は世界最大でメンズ、ウィメンズ、そしてキッズのコレクションが勢ぞろいする。

 日本庭園にインスピレーションを得た店舗は、クリエイティブ・ディレクターのフランチェスコ・リッソ(Francesco Risso)が監修。リッソは、「どの国の店舗でも、現地らしさを表現したい」と願う。ショップは、フランチェスコのコレクション同様、さまざまな素材・テイストが複雑に入り混じるハイブリッド。大理石の隣は木材、その手前は水玉模様の石材を随所に加えたコンクリートといった具合で、色もカラフル。床や壁、什器の多くは曲線で構成し、複数のマテリアルが混在するのに優しいムードが漂う。異素材はぶつかり合うというより、同居するイメージだ。

 店舗は奥に細長く、入り口から階段を登りながらバッグ、ウィメンズ、シューズ、メンズ、キッズ、そしてカプセル・コレクションの空間を順次巡るような設計だ。随所に明るい色合いのカーペットを取り入れ、床にはまるで花が咲いているよう。フランチェスコは、「急いでいる時はECで。ブティックに来てくれた人には、急がず、ゆっくり買い物を楽しんでほしい」と願い、異なるムードの小さな部屋をたくさん用意した。店内の床には、2つのハートマークを忍ばせたという。それを探すのも楽しそうだ。

 オープンを記念して同店は、数量限定のPVCトートバッグを販売。クリアなバッグには5種類のシルクもしくはコットン製のインナーバッグを用意した。またメンズとして、「ポーター(PORTER)」とのコラボ第8弾のショルダーバッグとクラッチバッグ、“ウルトラライトスニーカー”の新型も販売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。