ニュース

「オペラ」の人気リップがポップでカラフルにリニューアル

 恋が成就する“花嫁リップ”が有名な「オペラ(OPERA)」は、人気のティントオイルルージュ「リップティント」(全6色、各1500円)と、スティック状グロス「シアーリップカラー N」(全10色、1200円)を5月24日に新色を加えてリニューアルする。

 リニューアルでは、コンセプトを現在の“イット レディ(IT LADY)”から、“唇から、はじまる”に刷新。現在6色をそろえる「リップティント」は、可憐なペールピンクカラーの「ベイビーピンク」と、ほんのり赤みを忍ばせたセンシュアルな「バーガンディ」の2色をプラスした全8色展開の「リップティント N」へと進化する。現在10色をそろえる「シアーリップカラー N」は、人気カラーの「01 ピュアレッド」はそのままに、残り全てのカラーを変更。よりポップでカラフルなカラーがそろった全10色展開の「シアーリップカラー RN」へと生まれ変わる。

 リニューアルについてブランドのPR担当者は、「今はダイバーシティの時代。“他者から見た自分”ではなく、“自身を肯定”し、“自分で価値を決めていく”ことが重視される。それを唇から始めていこうという思いを込めて、“唇から、はじまる”というコンセプトを設定した。リップメイク一つでマインドが変わり、新しい自分を目指していってほしい」とコメント。多様性の時代に合わせてカラーバリエーションもアップデートし、「例えばオレンジといっても、黄みから青みまでより幅を広げ、多彩な色で遊び心を持たせている」。

 同日には「リップティント N」のリニューアル第1弾限定色として、“プリズム”をテーマにした初夏に似合うカラーの「101 ルーセントピンク」「102 シマリングベージュ」を発売する。価格は各1500円。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら