ファッション

【平成プレイバック】 「ダブレット」井野デザイナーが振り返る「ワクワクしたドーバー ストリート マーケット」

 デザイナーが自らディレクションを手掛ける直営店はよくありますが、ドーバー ストリート マーケット(DOVER STREET MARKET以下、DSM)のようにさまざまなブランドが集まるコンセプトストアは、それまで聞いたことがありませんでした。さらにディレクションをしているのが「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」の川久保玲さんということもあり、2012年にDSMが銀座にオープンすると知ったときはどんなショップになるのかワクワクしたのを覚えています。

井野将之「ダブレット」デザイナー:1979年、群馬県生まれ。東京モード学園卒業後、企業デザイナーなどを経て2005年にソスウ入社。シューズやアクセサリーの企画生産を経験後、12年に「ダブレット」を設立。13年に「Tokyo新人デザイナーファッション大賞」でプロ部門の最優秀賞を、17年に「東京ファッションアワード」を獲得した。18年には「LVMHヤング ファッション デザイナー プライズ」のグランプリに選出された

【業界人の「平成プレイバック」
ファッション・ビューティ業界の若手からベテランまで「平成時代に印象に残った出来事」とは?

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら