ビューティ

「モスキーノ」のテディベア香水第2弾、4年ぶりに登場

 川辺は、「モスキーノ(MOSCHINO)」のアイコン的存在のテディベアとフレグランスが一体化した「モスキーノ・トイ」の第2弾を5月17日に発売する。価格は6400~1万1900円。阪急うめだ本店では4月10日から先行販売する。

 「モスキーノ・トイ」は2015年に登場。第1弾はテディベアに香水のボトルがくるまれたようなデザインだったが、今回はテディベアをかたどったフロストガラスのボトルで、ゴールドの首飾りが特徴だ。

 香りはフローラルウッディムスクで、フレッシュなマンダリンオレンジやアップル、マグノリアにはじまり、ミドルノートはピオニーやホワイトカラントで爽やかな印象。ラストノートは、アンバーウッドやサンダルウッド、ムスクと、官能的な香りへと変化していく。調香はアルベルト・モリヤス(Alberto Morillas)調香師とファブリス・ペルグラン(Fabrice Pellegrin)調香師が手がけた。

 今回のキャンペーンではデヴォン青木をモデルに起用し、写真家のスティーブン・マイゼル(Steven Meisel)が撮影した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら