ファッション

イタリアのスラムジャムが原宿でポップアップ コラボアイテムを日別にドロップ

 ルカ・ベニーニ(Luca Benini)が1989年にイタリアで創業したディストリビューターでセレクトショップのスラムジャム(SLAM JAM)が、ポップアップストアを東京・原宿にあるギャラリー コモン(Gallery COMMON)にオープンする。会期は3月20日から24日までの5日間で、2018年2月のアメリカ・ニューヨーク、同年6月のフランス・パリに続く第3弾だ。

 スラムジャムは、ミラノやフィレンツェといったイタリアのファッションシーンの中心地から離れた古都フェラーラを拠点としながらも、ファッションだけでなくアートや音楽を含めた同国のストリートカルチャーを長きにわたってけん引してきた。功績の1つとして、同国では馴染みのなかった「ステューシー(STUSSY)」や「マーティン ローズ(MARTINE ROSE)」といったブランドを初のインポーターとして根付かせてきたことがある。

 今回のポップアップでは、「マーティン ローズ」をはじめ「アディダス(ADIDAS)」や「1017 アリックス 9SM(1017 ALYX 9SM)」といったさまざまなブランドとコラボレーションしたアイテムや、「ナイキ」とヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の「THE TEN」のスニーカーなどを日替わりで販売。初日には先日発表され大きな話題となった、内側のスウッシュの天地がひっくり返ったデザインの「ナイキ(NIKE)」とのコラボスニーカー“ブレーザー クラス 1977(BLAZER CLASS 1977)”(1万9800円)が発売される。

■Slam Jam Pop Up c/o Common Gallery
日程:3月20〜24日
時間:12:00〜20:00
会場:ギャラリー コモン
住所:東京都渋谷区神宮前6-12-9 1階

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。