フォーカス

2019年は“欲張りな”UVケアがトレンド 2〜4月発売の日焼け止め5選

 ここ数年で、PM2.5などの大気汚染物質やブルーライト、花粉など、紫外線以外の肌ダメージ要因に関する知識が広がり、UVケア製品に対するニーズが多様化している。複数の機能を持つアイテムが標準化する中、各社が独自成分や技術の開発にしのぎを削っている。今年は落ちない機能に加えて、肌をきれいに見せる機能を強化するブランドが多いのが特徴。今後は、紫外線対策以外の機能として、スキンケアをカバーし、さらにはホワイトニングやエイジングケア領域での進化が期待される。