ファッション

これであなたも“等身大のバービー人形” 誕生60周年記念のコラボウエアが発売

 米玩具メーカーのマテル(MATTEL)は、1959年に発表した着せ替え人形バービー(Barbie)の誕生60周年を記念し、米ビンテージアパレルブランド「ユニークビンテージ(UNIQUE VINTAGE)」との新たなコラボ製品を発表した。

 2000年に設立された「ユニークビンテージ」は、女優のオードリー・ヘップバーン(Audrey Hepburn)やマレーネ・ディートリッヒ(Marlene Dietrich)などの時代を代表するヒロインが着ていたような洋服をサイズXSから5XLまで展開し、主にオンラインで販売している。自社サイトでもさまざまな人種や体形の女性がモデルとして登場するなど、多様性の推進にも熱心だ。

 両社は以前から協働して“バービーコレクション”を発表しているが、今回の春夏コレクションは白黒のシェブロン柄の水着やペンシルドレス、フレアスカート、カプリパンツなど、1960~80年代のバービー人形が実際に着ていたワードローブから直接インスピレーションを得た12のアイテムから構成されており、米サイズ2~26で販売する。これらを身に着ければ、誰もが“等身大のバービー人形”になれるというコンセプトだ。なお、マテル社との協働などにより2018年の「ユニークビンテージ」の売り上げは35%増加している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら