ファッション

エレガンス・クラシック回帰を決定づけるのはパリジェンヌ 2019-20年秋冬パリ・ファッション・ウイーク

 2月25日〜3月5日、2019-20年秋冬のパリ・ファッション・ウイークが開催された。昨今のストリートウエアトレンドからエレガンス・クラシックに回帰したといわれる今季のコレクションだが、オフランウエイでもその動きは顕著だ。19年春夏のシーズンでパリの街を席巻していたテーラードジャケットは今季もさまざまなバリエーションで見られ、シックなパテントレザーやベルベット素材のアイテムも人気だったようだ。

 来場者のファッションの中で特に目についたカラーはベージュ。また、ベージュと合わせやすいクラシックなスカーフを取り入れたスタイリングも見られた。スカーフの使い方は頭に巻くなどベーシックなものから、中にはパンツの裾をスカーフで巻いて留めるという上級テクニックまでさまざまだ。

 しかしストリートウエア的な要素が完全に消え去った訳ではなく、「ナイキ(NIKE)」と「マーティン ローズ(MARTINE ROSE)」のコラボの“エア モナーク 4(AIR MONARCH 4)”などのダッドスニーカーは、“外し”アイテムとして合わせやすいためか長く愛用されているようだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら