ファッション

ピカチュウ、ついにランウエイをウォーキング ポケモンコラボはまだまだ続く!?

 2019年春夏にはミラノブランドの「GCDS」や奇才による「ジェレミー スコット(JEREMY SCOTT)」とコラボレーション、藤原ヒロシとの合同企画「サンダーボルト プロジェクト(THUNDERBOLT PROJECT)」もスタートしたポケモン(POKEMON)のファッション界への進出が続いている。19-20年秋冬にはロンドンのコラボ好きブランド「ボビー アブリー(BOBBY ABLEY)」とタッグを組み、ピカチュウやミュウツー、ゼニガメ、ヒトカゲなどが洋服に登場。ピカチュウはついにフィナーレでランウエイを歩き、モデルデビューも果たした(!?)。

 デザイナーのボビー・アブリーはポケモンとコラボした理由を、「大好きなキャラクターだから」と話す。彼の幼少期の思い出にインスピレーションを得て、母親の手編みのようなざっくりニットを核としたコレクションにはポケモンキャラが多数登場。ピカチュウはサンシャインイエロー、ミュウツーはライラック(薄紫)、リザードはファイヤー・オレンジなど、キャラクターにぴったりの色とともにスエットなどにあしらわれた。ボビーのクリエイションはこれまで同様、キャラの人気に依存するくらい単純明快。ピカチュウは稲妻とともにスエットの中央にドカンと登場し、ゼニガメやヒトカゲはパジャマのようなシャツのセットアップの上に何匹も何匹も現れる。

 大人気のゲームアプリ「ポケモン GO」のマストアイテム、モンスターボールも登場し、オーバーサイズのポロシャツやポンチョ、バックパック、ショルダーバッグなどになった。

 フィナーレには、ピカチュウがランウエイに登場。デザイナーのボビーがピカチュウを出迎えてハグし、エンターテインメントなショーは終了した。

 ポケモンは今春、ハリウッドが実写化した映画を公開予定。「ユニクロ(UNIQLO)」のTシャツブランド「UT」でのデザインコンペも開かれている。ファッションの世界でも引き続き注目の存在になりそうだ。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら