フォーカス

ユースの魅力は何なのか!? 思い切って「ゴーシャ」に聞いてみよう

 皆さん、こんにちは。昨日、フィレンツェで開かれた世界最大級のメンズウエア見本市ピッティ・イマージネ・ウオモが終了し、ミラノメンズが始まりました。

 ピッティでは、「ゴーシャ ラブチンスキー」のショーが印象的でした。実はこの夏、はじめて「ゴーシャ」の洋服を買ったんです。1週間前、このイベントに備えてロンドンのドーバー ストリート マーケットで買ったブルゾンは、正直野暮ったいシルエットで決してスマートではありませんが、得体のしれない魅力が潜んでいるように思えて仕方ありません。正直、その魅力が何なのかは、まだ感覚的にしか理解できておらず、言葉にするのはとても難しいのですが、「ゴーシャ」の服は、彼に魅了される若年層以外にも何らかの刺激を与えるようです。その証拠に、このブルゾンを着ていた日、「ブルネロ クチネリ」の創業者であるブルネロ・クチネリさんが僕に近づいてきて、「一緒に写真を撮ろう」と言ってくれました。

 で、撮影したのが、この写真(笑)。クチネリさんは、ゴーシャくらいの子どもがいてもおかしくない、同年代の紳士には「ゴーシャ」のショーに出てきたモデル(15、16歳くらいが多かったとか)くらいの孫がいるかも!?という年齢ですが、何かを感じたのではないでしょうか?それとも、僕がただ単に派手だったのかしら(笑)?

 「WWDジャパン」は2016-17年秋冬シーズン、「ユース」というキーワードで若年層に由来するカルチャー発祥のスタイルがトレンドだ!!とプッシュしています。メンズでは「ゴーシャ」は間違いなく、「ユース」というトレンドをけん引するブランドの1つです。だからこそ「ゴーシャ」は今回、ピッティのメインゲストに選ばれ、これまでとは比較にならない規模のショーを発表し、さらには映画、そして写真集まで作りました。けれどお話しした通り、彼、そしてブランド、さらに洋服の魅力は、正直未だ感覚的にしか理解できず、言葉で紡ぐのがすごく難しい……。それは、「ユース」もまたしかりです。そこで今回は思い切って、ゴーシャに体当たりして、「ユース」の魅力を聞いてみよう!そう思い、記者会見の後、彼に突撃し、「『ユース』の魅力って何ですか!?」と、社会科見学に出かけた小学生みたいなレベルの質問を投げかけてみました。

次ページ:ゴーシャ「彼らからは日々、新しい何か、が生まれている」