ファッション

JFWと島精機が「ディガウェル」など国内ブランドのニット制作をサポート

 日本ファッション・ウィーク推進機構と島精機製作所は、国内デザイナーのニットウエア制作をサポートする。サポートを受けたブランドは、島精機の無縫製ニット機「ホールガーメント(WHOLEGARMENT)」を使用してニットを作ることができる。

 2019-20年秋冬シーズンでは、過去に東京ファッションアワードを受賞し、「ホールガーメント」ニットをマーケットに即しつつも独自のデザインにできるブランドとして「ディガウェル(DIGAWEL)」と「リトゥンアフターワーズ(WRITTENAFTERWARDS)」の2ブランドが選ばれた。「ディガウェル」はニットコート(4万8000円)やカーディガン(2万6000円)、フード型のストール(1万6000円)を、「リトゥンアフターワーズ」はボレロ(4万8000円)とポンチョ(7万8000円)を制作した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。