ニュース

JFWと島精機が「ディガウェル」など国内ブランドのニット制作をサポート

 日本ファッション・ウィーク推進機構と島精機製作所は、国内デザイナーのニットウエア制作をサポートする。サポートを受けたブランドは、島精機の無縫製ニット機「ホールガーメント(WHOLEGARMENT)」を使用してニットを作ることができる。

 2019-20年秋冬シーズンでは、過去に東京ファッションアワードを受賞し、「ホールガーメント」ニットをマーケットに即しつつも独自のデザインにできるブランドとして「ディガウェル(DIGAWEL)」と「リトゥンアフターワーズ(WRITTENAFTERWARDS)」の2ブランドが選ばれた。「ディガウェル」はニットコート(4万8000円)やカーディガン(2万6000円)、フード型のストール(1万6000円)を、「リトゥンアフターワーズ」はボレロ(4万8000円)とポンチョ(7万8000円)を制作した。