ファッション

「エフシーイー」が創業10周年を記念して国内外の7ブランドとコラボプロジェクト

 ファッションブランドの「エフシーイー(F/CE.)」は創業10周年を記念して、同ブランドとゆかりのある7ブランドとのコラボプロジェクトを開始する。

 コンセプトはイギリスの“ダイヤルハウス”。アーティストや作家、ミュージシャンが集団で自給自足の生活をしていた同コミュニティーの思想や、住居を通した団結をテーマに据え、「エフシーイー」がこれまでの10年で培ってきたモノ作りの背景やテキスタイルを生かした特別なコラボアイテムを多数製作した。

 第1弾は7月10日に、デンマークのテントメーカー「ノルディスク(NORDISK)」とコラボしたテント(16万5000円)が登場する。そのほか「ディガウェル(DIGAWEL)」やイギリスのスポーツウエアブランド「アンブロ(UMBRO)」、アウトドアブランドの「ヘリノックス(HELINOX)」「オルフィック(ORPHIC)」「マウンテン リサーチ(MOUNTAIN RESEARCH)」「ヤーモ(YARMO)」とコラボし、アパレルからスニーカー、アウトドアアイテムなどを用意した。7月10日の第1弾を皮切りに9月にかけて順次発売する。

 「エフシーイー」は日本のファッションブランドで、2010年にデザイナーの山根敏史が「フィクチュール(FICOUTURE)」としてスタート。ウィメンズウエアは山根麻美デザイナーが手がける。16年にブランド名を「エフシーイー」に変更。17年には東京ファッションアワード受賞し、翌年には東京コレクションにて初のランウエイショーを実施した。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら