ファッション

「プレスバターサンド」やアップルパイの「リンゴ」を手掛けるベイクがガトーショコラ専門店

 菓子製造・販売のベイク(東京、門田浩・社長)は2月1日、新業態のガトーショコラ専門店「ショコラフィル(CHOCOLAPHIL)」の1号店を東京・自由が丘にオープンする。

 店舗はカカオの樹から着想した鏡面の柱を並べ、随所にブルーカラーを施すなどモダンな演出。工房一体型で、ガトーショコラが作られる様子を見ながら焼きたての香りを楽しめる。

 販売商品はカップ入り(320円、税込)とバータイプ(2916円、同)の2種。鎌倉の生チョコ専門店「ca ca o」のコロンビア産チョコレートを使用し、フルーティーな酸味と華やかな香りを両立させた。仕上げにはカカオ豆をフレーク状に砕いた「カカオニブ」をトッピングし、ザクザクとした食感とカカオ豆の香味を楽しめる。

 ベイクは東京・日比谷ミッドタウンにあるカスタードアップルパイの「リンゴ(RINGO)」、バターサンドクッキーの「プレスバターサンド(PRESS BUTTER SAND)」など、洗練された店装や商品が特徴の菓子専門店を展開している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら