ファッション

日本人モデルのコウヘイ、4シーズン連続でメンズコレ10ブランド以上に出演

 2019-20年秋冬メンズ・コレクションでもっとも多くのランウエイを歩いた日本人モデルは、コウヘイだ。ミラノ・パリのランウエイにデビューした18年春夏メンズでは18ブランド、18-19年秋冬メンズでは世界トップとなる25ブランドをこなし、一躍トップモデルの仲間入りを果たした。メンズコレ4シーズン目となった今季も、ミラノでは「フェンディ(FENDI)」「ヴェルサーチェ(VERSACE)」などに、パリでは「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」「ディオール(DIOR)」などに登場し、ランウエイとプレゼンテーションを合わせて堂々の15ブランドに起用された。全15ブランドのルックと、過去のインタビューなどからコウヘイに迫る。

最新メンズ・コレクションで15ブランドのモデルを務める

メンズコレデビュー以来、世界屈指の出演数を重ねる

ブレイク直後にウェブインタビュー 「WWDジャパン」紙面にもデビュー時から登場

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら