ファッション

日本人モデルのコウヘイ、4シーズン連続でメンズコレ10ブランド以上に出演

 2019-20年秋冬メンズ・コレクションでもっとも多くのランウエイを歩いた日本人モデルは、コウヘイだ。ミラノ・パリのランウエイにデビューした18年春夏メンズでは18ブランド、18-19年秋冬メンズでは世界トップとなる25ブランドをこなし、一躍トップモデルの仲間入りを果たした。メンズコレ4シーズン目となった今季も、ミラノでは「フェンディ(FENDI)」「ヴェルサーチェ(VERSACE)」などに、パリでは「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」「ディオール(DIOR)」などに登場し、ランウエイとプレゼンテーションを合わせて堂々の15ブランドに起用された。全15ブランドのルックと、過去のインタビューなどからコウヘイに迫る。

最新メンズ・コレクションで15ブランドのモデルを務める

メンズコレデビュー以来、世界屈指の出演数を重ねる

ブレイク直後にウェブインタビュー 「WWDジャパン」紙面にもデビュー時から登場

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「職種別DXのトリセツ」でDXを自分ごと化せよ!

WWDJAPAN」1月23日号は、毎年恒例のテック特集です。今年のテーマは“職種別DXのトリセツ“。DX(デジタル・トランスフォーメーション)と聞くと、システムやデータに携わる人が進めるもの、とイメージするかもしれませんが、一人一人が自分ごと化し、日々の業務を見直すことが、DXの本質です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。