ニュース

スイスの時計「ウブロ」初の眼鏡が世界で発売 イタリア インディペンデントとのライセンス品は日本製

 スイスの時計ブランド「ウブロ(HUBLOT)」は、イタリア・トリノに本社を置く眼鏡メーカー、イタリア インディペンデント(ITALIA INDEPENDENT)とライセンス契約した眼鏡を世界で発売した。

 商品はサングラスと眼鏡フレーム合わせて12モデルあり、本体は高い技術力に定評がある日本製で、サングラスにはドイツのツァイス(ZEISS)社のレンズを使用している。

 価格はサングラスが12万~19万円、眼鏡フレームが9万5000~14万円。現在、日本はアイアイイスズ(香川県)、大丸心斎橋店メガネサロン、近鉄百貨店あべのハルカスメガネサロンの3店舗で販売されており、2月以降、高島屋の大阪店、京都店、新宿店の各メガネサロン、そしてメガネのパリミキ横浜本店と心斎橋店で販売される予定だ。

 イタリア インディペンデントは2007年、ラポ・エルカーン(Lapo Elkann)が設立し、「イタリア インディペンデント」ブランドの眼鏡の他、アパレルも手掛ける。