ファッション

眼鏡のブリンク外苑前と「新吉原」がコラボで新春ポップアップイベント開催

 荒岡眼鏡が手掛ける眼鏡のセレクトショップ「ブリンク外苑前」は、土産物「新吉原」と協業し、ポップアップイベント「お艶賀 2019(おえんが 2019)」を19年1月5~20日に開催する。このコラボレーションは、「新吉原」の岡野弥生デザイナーとブリンク外苑前の荒岡俊行ディレクターが共に東京都台東区出身であることから意気投合して、18年1月に第1回が実施された。2回目の今回は「新吉原」に加え、サングラスブランド「シングラス(THINGLASS)」と東京・青山にある茶房を併設した日本茶の研究所「櫻井焙茶研究所」も参加して、計3点のコラボレーションアイテムをリリースする。

 サングラス“色眼鏡”は、堤友厚ディレクターが16年にスタートした「シングラス」の人気モデル“TOKI”のフレームに伝統的製法で作られた色ガラスレンズを使用し、テンプルの内側に「シングラス」と「新吉原」のロゴを入れて、8本限定で販売する。

 ブリンク外苑前と「新吉原」とのコラボレーションによる“色眼鏡拭き”は、江戸時代の浮世絵師・菱川師宣の春画「床の置物」にインスパイアされたイラストが描かれている。この商品は、西浅草にある「新吉原」の旗艦店「岡野弥生商店」でも1月4日に発売される。

 “お艶賀 2019 特製焙じ茶”は、櫻井焙茶研究所が同イベントをイメージして3種類のお茶をブレンド、焙煎したもの。花や果実のような甘い香りが特徴の「萎凋茶(いちょうちゃ)」、“茶柱が立つと縁起がいい”のゆえんにもなっている「碾茶(てんちゃ)」、ポリフェノールの一種が含まれ、深みのある色合いが特徴の「サンルージュ」の3種。こちらのお茶は販売だけでなく、1月5日と6日の2日間、ブリンク外苑前の店頭でも振る舞う予定だ。また、期間中、“色眼鏡”の購入者に、“色眼鏡拭き”と“お艶賀 2019特製焙じ茶”がプレゼントされる。

■お艶賀 2019
日程:2019年1月5日~20日
定休日:月曜日(14日の祝日は営業、15日は振替休業)
場所:ブリンク外苑前
住所:東京都港区南青山2-27-20 植村ビル 1F

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら