ファッション

眼鏡のブリンク外苑前と「新吉原」がコラボで新春ポップアップイベント開催

 荒岡眼鏡が手掛ける眼鏡のセレクトショップ「ブリンク外苑前」は、土産物「新吉原」と協業し、ポップアップイベント「お艶賀 2019(おえんが 2019)」を19年1月5~20日に開催する。このコラボレーションは、「新吉原」の岡野弥生デザイナーとブリンク外苑前の荒岡俊行ディレクターが共に東京都台東区出身であることから意気投合して、18年1月に第1回が実施された。2回目の今回は「新吉原」に加え、サングラスブランド「シングラス(THINGLASS)」と東京・青山にある茶房を併設した日本茶の研究所「櫻井焙茶研究所」も参加して、計3点のコラボレーションアイテムをリリースする。

 サングラス“色眼鏡”は、堤友厚ディレクターが16年にスタートした「シングラス」の人気モデル“TOKI”のフレームに伝統的製法で作られた色ガラスレンズを使用し、テンプルの内側に「シングラス」と「新吉原」のロゴを入れて、8本限定で販売する。

 ブリンク外苑前と「新吉原」とのコラボレーションによる“色眼鏡拭き”は、江戸時代の浮世絵師・菱川師宣の春画「床の置物」にインスパイアされたイラストが描かれている。この商品は、西浅草にある「新吉原」の旗艦店「岡野弥生商店」でも1月4日に発売される。

 “お艶賀 2019 特製焙じ茶”は、櫻井焙茶研究所が同イベントをイメージして3種類のお茶をブレンド、焙煎したもの。花や果実のような甘い香りが特徴の「萎凋茶(いちょうちゃ)」、“茶柱が立つと縁起がいい”のゆえんにもなっている「碾茶(てんちゃ)」、ポリフェノールの一種が含まれ、深みのある色合いが特徴の「サンルージュ」の3種。こちらのお茶は販売だけでなく、1月5日と6日の2日間、ブリンク外苑前の店頭でも振る舞う予定だ。また、期間中、“色眼鏡”の購入者に、“色眼鏡拭き”と“お艶賀 2019特製焙じ茶”がプレゼントされる。

■お艶賀 2019
日程:2019年1月5日~20日
定休日:月曜日(14日の祝日は営業、15日は振替休業)
場所:ブリンク外苑前
住所:東京都港区南青山2-27-20 植村ビル 1F

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。