ファッション

「ディオール」がホームコレクション“トワル ドゥ ジュイ”発売 ライオンやヘビの絵柄のクッションなど

 「ディオール(DIOR)」はホームコレクション「ディオール メゾン(DIOR MAISON)」から、2018年カプセルコレクション“トワル ドゥ ジュイ(TOILE DE JOUY)”を発売した。

 “トワル ドゥ ジュイ”に用いられた絵柄は、もともと1947年にクリスチャン・ディオール(Christian Dior)が室内装飾家のヴィクトール・グランピエール(Victor Grandpierre)に依頼して製作されたもので、ムッシュ・ディオールのブティックの壁紙に使用されていた。

 この絵柄を2019年プレ・スプリング・コレクションでマリア・グラツィア・キウリ(Maria Grazia Chiuri)=アーティスティック・ディレクターが再解釈。伝統的なテキスタイルにライオンやサル、ヘビなどのモチーフをプリントしたデザインが特徴で、世界中のディオールブティックのクリスマスウインドーの装飾に使用されている。

 今回のホームコレクションでは、同デザインのガラスストロー(1万8500円)やノートブック(5600〜7000円)、クッション(7万9000円)などをラインアップする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら