ファッション

「ナイキ」と「シーイー」が初の協業 “エア マックス 95”などを発表

 「ナイキ(NIKE)」は、Sk8thingデザイナーとトビー・フェルトウェル(Toby Feltwell)ディレクターが手掛ける東京発ストリートブランド「シーイー(C.E)」とコラボレーションしたコレクションを1月5日に発売する。

 初の協業となる今回は、膝裏にギャザーを入れることでシルエットを変化させたトラックパンツやジャージー、ベスト、キャップ、“エア マックス 95(AIR MAX 95)”などを用意。どれもくすんだ色味をベースに「シーイー」を象徴するグラフィックがあしらわれ、同ブランドの世界観が色濃く表現されたアイテムに仕上がっている。

 「『ナイキ』のトラックスーツと“エア マックス 95”の組み合わせは、2000年代初頭のロンドンのストリートではユニホームのような存在だった。それから10年後の11年に『シーイー』を東京で立ち上げたが、常に00年代のロンドンのイメージが頭の中にあった。だから今回の協業はこのイメージを表現するいい機会だった」とトビー=ディレクターは語る。

 5日から東京・青山にある「シーイー」直営店と公式オンラインストアで先行販売した後、10日から「ナイキ」公式オンラインストアとアプリ「NIKE SNKRS APP」、ナイキラボ MA5(NIKELAB MA5)、ドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)などでも販売する。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら