ファッション

「ナイキ」がマーティン・ローズとコラボ アパレルを含むカプセルコレクションを発表

 「ナイキ(NIKE)」が、ロンドン発のメンズブランド「マーティン ローズ(MARTINE ROSE)」のデザイナーであるマーティン・ローズと協業し、トラックスーツ、フットボールジャージー、再解釈された“エア モナーク(AIR MONARCH)”を含むコラボコレクションを発表した。2019年1月に発売される。

 今回発売されるアパレルには英国サブカルチャーの影響が見られるが、サイズ感はバスケットボール選手をイメージしてデザインされている。同様に、非常にアメリカ的なシルエットの“エア モナーク”も、マーティンのセンスで再解釈された。「コラボレーションを成功させるカギは、深くコミュニケーションすること。スニーカーのフォルムを横にはみ出した形にしたいと思い、最初は無理だと言われたが、何度も議論を重ねて新たなアイデアを形にすることができた」とマーティンは語る。また「スポーツウエアはイギリスやアメリカのあらゆる若者文化に好まれてきた。これほど広く受け入れられていて、どのような服とでも合わせられるところが面白い」と締めくくった。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら