ファッション

「ナイキ」がマーティン・ローズとコラボ アパレルを含むカプセルコレクションを発表

 「ナイキ(NIKE)」が、ロンドン発のメンズブランド「マーティン ローズ(MARTINE ROSE)」のデザイナーであるマーティン・ローズと協業し、トラックスーツ、フットボールジャージー、再解釈された“エア モナーク(AIR MONARCH)”を含むコラボコレクションを発表した。2019年1月に発売される。

 今回発売されるアパレルには英国サブカルチャーの影響が見られるが、サイズ感はバスケットボール選手をイメージしてデザインされている。同様に、非常にアメリカ的なシルエットの“エア モナーク”も、マーティンのセンスで再解釈された。「コラボレーションを成功させるカギは、深くコミュニケーションすること。スニーカーのフォルムを横にはみ出した形にしたいと思い、最初は無理だと言われたが、何度も議論を重ねて新たなアイデアを形にすることができた」とマーティンは語る。また「スポーツウエアはイギリスやアメリカのあらゆる若者文化に好まれてきた。これほど広く受け入れられていて、どのような服とでも合わせられるところが面白い」と締めくくった。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら