ファッション

「ザ・ノース・フェイス」が2次流通を制覇!

 ゲオホールディングスの子会社ゲオは、セカンドストリート(2ND STREET)を中心とした傘下のリユースショップ約600店舗の2018年売り上げ数量ランキングを発表した。ファッションブランド部門の1位は「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」。集計は2018年1月1日から11月30日まで。同ブランドは上半期のランキングでも1位となっており、2018年を完全制覇した。

 同条件で集計されたラグジュアリー・ブランド部門の1位は「コーチ(COACH)」で、2位「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」、3位「グッチ(GUCCI)」と続いた。伸長率1位は「カーハート(CARHARTT)」で、17年の44位から売り上げ数量は2倍強になった。

 セカンドストリートは中古衣料販売トップの約400億円を売り上げ、2位のゾゾユーズド(ZOZOUSED)にトリプルスコア以上の差を付ける。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら