フォーカス

「ベビーディオール」が最新春夏コレクション発表 伊勢丹新宿本店などで順次発売

 「ディオール(DIOR)」のキッズ、ベビーライン「ベビーディオール(BABYDIOR)」が、2019年春夏コレクションを発表した。国内では伊勢丹新宿本店、阪急うめだ本店で順次取り扱う。

 ベビーボーイ、ベビーガール、キッズボーイ、キッズガールの4カテゴリーのアイテムをそろえる。コーデリア・ドゥ・カステラーヌ(Cordelia de Castellane)「ベビーディオール」クリエイティブ・ディレクターがデザインを手掛けた。

 ベビーボーイでは青い胸ポケットのついたシャツや柄入りのシャツ(3万2000~3万5000円)などを、ベビーガールでは真っ赤なドレスや星柄の刺しゅうを施したドレス(12万~13万円)などを用意した。キッズボーイでは、グラフィックをプリントしたTシャツ(2万2000~2万7000円)やパンツ(3万1000~3万4000円)、バックパック(15万円)などを展開。キッズガールではレースのついたドレス(17万~21万円)や花の飾りを添えたクチュールドレス(115万~140万円)、バックパック(27万円)などのアイテムを展開する。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら