ファッション

「ベビーディオール」が最新春夏コレクション発表 伊勢丹新宿本店などで順次発売

 「ディオール(DIOR)」のキッズ、ベビーライン「ベビーディオール(BABYDIOR)」が、2019年春夏コレクションを発表した。国内では伊勢丹新宿本店、阪急うめだ本店で順次取り扱う。

 ベビーボーイ、ベビーガール、キッズボーイ、キッズガールの4カテゴリーのアイテムをそろえる。コーデリア・ドゥ・カステラーヌ(Cordelia de Castellane)「ベビーディオール」クリエイティブ・ディレクターがデザインを手掛けた。

 ベビーボーイでは青い胸ポケットのついたシャツや柄入りのシャツ(3万2000~3万5000円)などを、ベビーガールでは真っ赤なドレスや星柄の刺しゅうを施したドレス(12万~13万円)などを用意した。キッズボーイでは、グラフィックをプリントしたTシャツ(2万2000~2万7000円)やパンツ(3万1000~3万4000円)、バックパック(15万円)などを展開。キッズガールではレースのついたドレス(17万~21万円)や花の飾りを添えたクチュールドレス(115万~140万円)、バックパック(27万円)などのアイテムを展開する。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら