ファッション

「ベビーディオール」が最新春夏コレクション発表 伊勢丹新宿本店などで順次発売

 「ディオール(DIOR)」のキッズ、ベビーライン「ベビーディオール(BABYDIOR)」が、2019年春夏コレクションを発表した。国内では伊勢丹新宿本店、阪急うめだ本店で順次取り扱う。

 ベビーボーイ、ベビーガール、キッズボーイ、キッズガールの4カテゴリーのアイテムをそろえる。コーデリア・ドゥ・カステラーヌ(Cordelia de Castellane)「ベビーディオール」クリエイティブ・ディレクターがデザインを手掛けた。

 ベビーボーイでは青い胸ポケットのついたシャツや柄入りのシャツ(3万2000~3万5000円)などを、ベビーガールでは真っ赤なドレスや星柄の刺しゅうを施したドレス(12万~13万円)などを用意した。キッズボーイでは、グラフィックをプリントしたTシャツ(2万2000~2万7000円)やパンツ(3万1000~3万4000円)、バックパック(15万円)などを展開。キッズガールではレースのついたドレス(17万~21万円)や花の飾りを添えたクチュールドレス(115万~140万円)、バックパック(27万円)などのアイテムを展開する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら