ファッション

「エイトン」が初の路面店を東京・青山にオープン

 これまで卸で展開してきたアパレルブランド「エイトン(ATON)」初の路面店を東京・青山に12月8日オープンする。店鋪面積は約66平方メートルで、設計は空間デザイナーの二俣公一が手掛けた。オープンを記念して青山店限定のクルーネックセーター(3万3000円)とロングカーディガン(5万5000円)、フーディー(13万5000円)、フィッシュテイルコート(8万9000円)を発売する。

 「エイトン」は2016年にデザイナーの久﨑康晴がスタート。“自分のスタイルを確立した大人だから着こなせるリアル・スタンダード”をコンセプトに、伊勢丹新宿本店やデミルクスビームス(DEMI LUXE BEAMS)、シボネ(CIBONE)など、国内66店鋪、海外4店舗のセレクトショップを中心に販売してきた。

■エイトン アオヤマ
時間:月~金曜日 12:00~20:00 / 土・日曜日 11:00~20:00
住所:東京都港区北青山3-6-27
 

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら