ファッション

「ナイキ」と9歳の米アーティスト兼モデルがコラボ ドローイングが特徴的なTシャツとバケットハットを発売

 「ナイキ(NIKE)」は「国際ガールズ・デー」の10月11日、9歳のアーティストでモデルのディア・ジアーナ(Dear Giana)とコラボレーションしたアイテムを発売する。Tシャツ3型(32ドル、約3600円)とバケットハット(28ドル、約3100円)の計4型をラインアップし、北米限定で取り扱う。

 アイテムはどれもディアが手書きした文字やスウッシュロゴなどがプリントされ、中でもナイキに所属する女子プロテニス選手セリーナ・ウィリアムズ(Serena Williams)を題材に、ディアが得意とする写真とドローイングを組み合わせた作品をプリントしたTシャツは注目だ。

 ディアは今回のコラボについて自身のインスタグラムで、「私たちは、世界を変え、地域社会を変え、学校でのいじめを止め、必要な人を助け、他の女の子たちをサポートし、自分の肌に自信を持ち、スポーツする力を持っている。そしてもっとも大切なことは、私たちの声を届けること!」とコメントしている。

 ディア・ジアーナは、フィリピンとメキシコの血を引く2009年生まれのアメリカ人アーティストで、写真とドローイングを半分ずつ組み合わせた作品で知られる。3歳頃からドローイングをはじめ、7歳にして初の個展を開催。最近ではアーティストの他、ストリートスタイルを中心に「ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)」や「モスキーノ(MOSCHINO)」までも着こなす幅広いスタイルが注目を集め、モデルとしても活動している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら