ファッション

「ディータ」青山店でF1ドライバー、ダニエル・リチャルドを招いてイベント開催

 アメリカのアイウエアブランド「ディータ(DITA)」はアストン・マーンティン・レッド・ブル・レーシング(ASTON MARTIN RED BULL RACING)とパートナーシップを結び、鈴鹿サーキットでのレース参戦のため来日中のF1ドライバー、ダニエル・リチャルド(Daniel Ricciardo)を迎えたスペシャルイベントを「ディータ」青山店で10月3日に行った。

 リチャルドは1989年、オーストラリア・パース生まれ。アイルトン・セナ(Ayrton Senna)にあこがれて9歳の時に始めたゴーカートで実績を積み、2005年、オーストラリア・フォーミュラ・フォード・シリーズに参戦。以来、120以上のグランプリを獲得している。

 「『ディータ』は3~4年前から気に入っていた。私が好きなジーンズスタイルに合うハイエンドカジュアルのデザインが好きだ」と、リチャルドは以前から「ディータ」ファンで、それが同レーシングチームとのパートナーシップにつながったという。また彼は「ディータ」の商品開発にも参加している。

 11年から毎年、来日しているというリチャルドはレースについて、「鈴鹿は難しいコースだが相性がいいので、ワクワクしている」と話した。「ディータ」は95年に、幼なじみだったジェフ・ソロリオ(Jeff Solorio)とジョン・ジュニパー(John Juniper)がロサンゼルスで設立した。11年から「トム ブラウン(THOM BROWNE)」とのライセンス契約によるアイウエアも手掛けている。日本では東京・青山と代官山に路面店がある。

最新号紹介

WWD JAPAN

2021-22年秋冬トレンド特大号 明るい未来に向けて心ときめく服を謳歌しよう

「WWDJAPAN」4月19日号は、2021-22年秋冬トレンドブックです。生活者の嗜好やニーズが細分化され、コロナがその流れに拍車をかける今、それでもデザイナーズブランドの新作をベースとしたトレンドをまとめるのは、半歩先の未来を見るデザイナーたちの視点に価値があるからです。コロナ禍でファッションに心地よさを求めた21年春夏からさらに歩みを進め、“ファッションで心踊らせたい” “オシャレを楽しみた…

詳細/購入はこちら