ファッション

あいみょん、Nulbarichが「ゾフ」をかけて競演  「ゾフ ロック2018」で熱唱

 アイウエアブランド「ゾフ(ZOFF)」を運営するインターメスティックは、音楽イベント「ゾフ ロック2018(Zoff Rock 2018)」を9月19日、鶯谷の東京キネマ倶楽部で開催した。

 出演したのは「ゾフ」の今年のスローガン“アイ・アム・ア・ヒーロー!(EYE am a HERO!)”のサングラスの広告キャンペーンビジュアルに登場しているシンガーソングライターのあいみょんとNulbarich(ナルバリッチ)。「ゾフ」の店頭キャンペーンに当選した顧客約550人が、ドレスコードである眼鏡をかけて来場した。

 あいみょんとナルバリッチはそれぞれ約40分のライブを披露し、最後に来場者と記念撮影を行った。人気曲「NEW ERA」、「It’s Who We Are」など8曲を歌ったナルバリッチのJQは「(広告キャンペーンの)モデルになったのは初めてで、貴重な体験だった。『ゾフ』やあいみょんさんとすてきな出会いになった。今後日本のアートを担っていく方々とご一緒できたことで、僕の生き方や考え方がちょっとずつ変わってきた」と話した。

 上野博史インターメスティック専務チーフ・デザイン・オフィサーは「アイウエアは、さまざまなものとつながっている。音楽もその一つだ。『ゾフ』をカルチャーを持つブランドにしたい」と話した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら