ファッション

NYコレ一番の災難! 「ロダルテ」、屋外のランウエイがまさかの雨天で台無しに

 パリのオートクチュール期間中の発表を経てニューヨークに戻ってきた「ロダルテ(RODARTE)」は9日(現地時間)、気温16度と肌寒く雨が止まない中、なぜか屋外でランウエイショーを開催してしまい結果、今季一番の“ドタバタ・ファッションショー”になってしまった感がある。

 ケイト&ローラ・マレヴィ(Kate & Laura Mulleavy)姉妹は、雨天の代替案を考えていなかったようだ。ショーは午後6時(現地時間)スタート。ところが当日は朝から冷たい雨が降り、終日止まない予報。そこでブランドは、「会場は、屋根のない屋外です。それなりの服装でお越しください」というメールを送付。イーストヴィレッジの庭園は、晴れていれば美しかっただろうが、泥に覆われ、なんとも残念な雰囲気だ。

 ゲストのために用意した木製の椅子は、庭園を取り囲むように1列に配置したが、午後6時の段階ですでに水を含み、ひんやり冷たい。スタッフが座る直前、キッチンペーパーで座面を吹いてくれるがそんなの“焼け石に水”。だからゲストは、なかなか席に座らない。そんなこんなでスタートは遅れ、皆、雨に濡れ始める。一部用意周到なゲストはゴミ袋を持参して椅子にかぶせたり、穴を開けて即席のポンチョにしたりして雨をしのいだが、大半は傘をさしたまま椅子に座ってスタートまでじっと待機。そんな中でも元気なのはやっぱり若い女の子たちで、「こんな雨のシチュエーションで、今から『ロダルテ』のファッションショーなの!」と、大騒ぎしながらインスタグラムに写真や動画をアップした。

 肝心のコレクションは、およそ25分遅れで始まった。オーガンジーやチュール、レースを用いたドレスが中心で、雨は大敵。とはいえ、モデルは傘をさすわけにもいかず、ツルツルの金属板の上をピンヒールで歩くという恐怖のショーが始まった。

 メイクは、かつての貴族メイクのようで、レッドリップやバラをあしらったヘアが印象的だが、こちらも夜露に濡れてビチャビチャ……。ドレスの裾は、泥に汚れた。モデルは恐る恐るランウエイを歩き終わると、ピンヒールで泥混じりの芝生を歩き、フィナーレまでじっと佇む。モデルも、ゲストも、なかなかの“苦行”だ。

 コレクションには、 “てるてる坊主”を思わせるチュールのフード付きケープルックもあったが、残念ながら「ロダルテ」の願いは天に届かなかったようだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら