ビジネス

「ロダルテ」デザイナー姉妹が映画監督デビュー キルスティン・ダンスト主演でサイコスリラーに挑戦

 「ロダルテ(RODARTE)」デザイナーのケイト&ローラ・マレヴィ(Kate, Laura Mulleavy)姉妹が脚本と監督を手掛けた映画「WOODSHOCK」が、8月30日に開幕する第74回ベネチア国際映画祭で公開される。作品は“ムービー・イン・ザ・ガーデン”部門に出品している。

 映画配給会社のA24のレビューで「孤独、嘆き、パラノイアに満ちた夢の世界」と表現される同サイコスリラー映画は、2015年にカリフォルニア北部のユーレカ近郊で撮影。主演を務めるのは「SPIDER-MAN」シリーズのヒロイン、MJ役で知られ、ソフィア・コッポラ(Sofia Coppola)監督の映画「The Virgin Suicides」や最新作の「The Beguiled」にも出演したキルスティン・ダンスト(Kirsten Dunst)。マレヴィ姉妹の旧友でもあったことが起用のきっかけになったようだ。「WOODSHOCK」では分裂した精神状態とドラッグによる幻覚の間でさいなまれるテレサ役を演じる。

 ダンストの他、ピルウ・アスベック(Pilou Asbaek)、映画監督リチャード・リンクレイター(Richard Linklater)の娘、ローレライ・リンクレーター(Lorelei Linklater)、ジョー・コール(Joe Cole)が出演する。

 5月に公開された予告は、花や植物、何層にも重なるイメージ、何度もオーバーラップする背景など、「ロダルテ」らしい審美的なファッションセンスがちりばめられた仕上がりになっている。

 ベネチア国際映画祭では、16年に同じくファッションデザイナーとしても活躍するトム・フォード(Tom Ford)が監督した映画「Nocturnal Animals」(11月3日日本公開)が銀獅子賞を受賞した。なお、トム・フォードは09年の映画「A SINGLE MAN」で監督デビューした。

 「WOODSHOCK」はアメリカでは9月22日に公開される。日本での公開は未定。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。