ファッション

「バーバリー」が伊勢丹新宿でポップアップストア ベイリーのラストコレクションのバッグが登場

 「バーバリー(BURBERRY)」は9月5〜11日、伊勢丹新宿本店本館1階ハンドバッグプロモーションスペースにポップアップストアをオープンする。ブランドを象徴するトレンチコートに着想したトートバッグ“ベルトバッグ”をメーンに、限定デザインもそろえる。

 “ベルトバッグ”は、クリストファー・ベイリー(Christopher Bailey)前プレジデント兼チーフ・クリエイティブ・オフィサーが手掛けた最後のコレクションである2018-19年秋冬コレクションに登場。ベルトのモチーフやラペルの輪郭をかたどったシェイプなどトレンチコートのディテールを取り入れたデザインが特徴だ。

 同ポップアップで登場する限定の“ベルトバッグ”は、ブランドのトレードマークである“馬上の騎士”を刺しゅうやプリントで全面にあしらった。従来にない多彩な色使いでポップなデザインに仕上げた。また、キルトピンをモチーフにした“ピンクラッチ”にも同デザインを採用し、限定バッグとして展開する。その他、“ベルトバッグ”のベルトをカスタマイズして楽しめる“替えベルト”もそろえる。

■BURBERRY THE BELT BAG POP-UP STORE
日程:9月5〜11日
場所:伊勢丹新宿本店本館1階 ハンドバッグプロモーションスペース
住所:東京都新宿区新宿3-14-1

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら