ファッション

原価を開示するD2Cブランド「10YC」 人気すぎて生産追いつかずブランド一時休止

 ベーシックアイテムに定評のあるD2C(Direct to Consumer)ブランドの「10YC」が8月31日をもってブランドを一時休止する。予想以上の販売数に対して商品を補充することができず、顧客に満足できる供給ができなかったことが理由という。サービス再開は10月上旬を予定する。休止期間に生産供給システムを整理し、今後の成長を見込んだ生産計画を立てる方針で、新しい販売方法のシステム構築、自社組織体制の強化などにも取り組む。

 下田将太・代表は、「新しい商品を作るための生産背景開拓に集中してきたことで、お客さまが欲しいときに欲しいものを安定的に、継続して作ることの仕組み作りができなかった」と説明する。

 「10YC」は大手アパレル出身の下田代表が2017年8月にクラウドファンディングでテスト販売を開始。11月にECサイトでの本格販売をスタートした。製造委託先の工場と直接取引をすることで従来の中間マージンを省いたD2Cブランドで、“10年着続けたいと思える服”をテーマに長く着られるベーシックなアイテムを生み出している。サイト上で原価を開示するオープンな仕組みを取り入れたことも話題を呼んだ。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら