ファッション

阪急阪神百貨店 中国・寧波での開業を1年延期

 阪急阪神百貨店は、2018年秋に予定していた中国・寧波の阪急百貨店「寧波阪急」の開業を、19年秋に遅らせると発表した。着工時期の遅れや建築工事の遅延が原因。同事業はクールジャパン機構の支援も受けている。

 同百貨店は“ニューチャイナ”と呼ばれる20~30代向けの施設となる予定で、地下1階から地上6階の7層、営業面積は10万平方メートル。「阪急うめだ本店と同じくらいのスケールに、ラグジュラリー・ブランド、アパレル、化粧品、食品、雑貨までフルラインをそろえる」(荒木直也・社長)としており、シネコンや子ども向け遊戯施設、中国で人気の温浴施設なども導入することを目指す。開業5年で売上高30億元(約480億円)を目標とする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら