ファッション

「リーボック」と「ムルーア」が初コラボ 機能性を兼ね備えたブラック × ヒョウ柄

 マークスタイラーの「ムルーア (MURUA)」はスポーツブランド「リーボック(REEBOK)」と初コラボし、カプセルコレクションを発売した。商品は、デザイン性だけでなく機能性も備えた5アイテム。

 ヒョウ柄が特徴のブラ(6990円)とタイツ(7990円)はストレッチ性と吸汗速乾性のある素材を、クロップ丈のプルオーバー(7990円)とカプリパンツ(8490円)はスエットの裏地などに使われるフレンチテリー素材をそれぞれ用いた。オーバーサイズのウィンドージャケット(1万2000円)は、両袖に「リーボック」のビッグロゴをプリントし、スポーティーさをさらに演出している。

 全アイテムは「ムルーア」の全店舗と自社ECサイト「ランウェイチャンネル(RUNWAY CHANNEL)」、「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」、「リーボック」のオンラインショップとフィットハブ 六本木ヒルズ店、ららぽーとエキスポシティで販売している。

 スポーツブランドとのコラボ理由について「ムルーア」は、「スポーティーミックスが、トレンドから定番になりつつあることが大きく影響していることと、若い世代のSNSでワークアウトなどスポーツのライフスタイルの幅が広がっていることから」とコメント。過去には「プーマ(PUMA)」ともコラボしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら