ファッション

「リーボック」と「ムルーア」が初コラボ 機能性を兼ね備えたブラック × ヒョウ柄

 マークスタイラーの「ムルーア (MURUA)」はスポーツブランド「リーボック(REEBOK)」と初コラボし、カプセルコレクションを発売した。商品は、デザイン性だけでなく機能性も備えた5アイテム。

 ヒョウ柄が特徴のブラ(6990円)とタイツ(7990円)はストレッチ性と吸汗速乾性のある素材を、クロップ丈のプルオーバー(7990円)とカプリパンツ(8490円)はスエットの裏地などに使われるフレンチテリー素材をそれぞれ用いた。オーバーサイズのウィンドージャケット(1万2000円)は、両袖に「リーボック」のビッグロゴをプリントし、スポーティーさをさらに演出している。

 全アイテムは「ムルーア」の全店舗と自社ECサイト「ランウェイチャンネル(RUNWAY CHANNEL)」、「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」、「リーボック」のオンラインショップとフィットハブ 六本木ヒルズ店、ららぽーとエキスポシティで販売している。

 スポーツブランドとのコラボ理由について「ムルーア」は、「スポーティーミックスが、トレンドから定番になりつつあることが大きく影響していることと、若い世代のSNSでワークアウトなどスポーツのライフスタイルの幅が広がっていることから」とコメント。過去には「プーマ(PUMA)」ともコラボしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら