ビジネス

P&Gの18年通期決算はブランド売却で減益 「SK-II」は引き続き絶好調

 プロクター・アンド・ギャンブル(PROCTER & GAMBLE、以下P&G)の2018年6月期決算は、売上高が前期比2.7%増の668億3200万ドル(約7兆4183億円)、営業利益が同1.8%減の137億1100万ドル(約1兆5219億円)、純利益が同36.1%減の98億6100万ドル(約1兆950億円)と増収減益だった。大幅な減益は、16年に41ブランドをコティ(COTY)に売却したことに起因するという。全体の売り上げのうち、ビューティ事業の売上高は同8.5%増の124億600万ドル(約1兆3770億円)、グルーミング事業が同1.4%減の65億5100万ドル(約7271億円)、ベビー・フェミニン・ファミリーケア事業が同1.0%減の180億800万ドル(約2兆円)だった。

 18年4〜6月期はビューティ事業の売上高が前年同期比7.0%増で、スキンケアとパーソナルケアが2ケタ増を記録。製品開発やパッケージの改善を図り、顧客とのコミュニケーション戦略を強化した。その結果、「SK-II」の売上高は同30%以上の伸びを記録した他、ここ数年苦戦していた「オレイ(OLAY)」も復調し、売り上げをけん引した。デビッド・テイラー(David Taylor)会長兼社長兼最高経営責任者(CEO)は「『オレイ』はパッケージをプレステージブランドを意識したデザインに刷新した他、美容部員の指導やカウンターも改善したことが奏功した。現在、『オレイ』と『SK-II』は異なるターゲット層にうまくアプローチできている」と振り返った。

 ヘアケアも堅調に伸びた一方で、グルーミング事業の売上高は同3.0%減だった。「ダラー シェイブ クラブ(DOLLAR SHAVE CLUB)」「ハリーズ(HARRY'S)」など他社の新ブランドやサービスの勢いに、同社の主軸ブランド「ジレット(GILETTE)」が追いつくことはできなかった。テイラー会長兼社長兼CEOは「『ジレット』は新しいカミソリを2種発売し、エントリープライス製品を投入した。また、オンラインの会員システムも改善し、少しずつ復調している」と手応えを語った。ベビー・フェミニン・ファミリーケア事業は同2%減で、ベビーケアの売り上げは低迷したものの、「オールウェイズ ディスクリート(ALWAYS DISCREET)」などが人気でフェミニンケアは前年を超えた。

 P&Gは最近パーソナルケア&ビューティ事業のブランドポートフォリオを強化すべく、ナチュラルデオドラントブランド「ネイティブ(NATIVE)」、ナチュラルプレステージスキンケアブランド「スノーベリー(SNOWBERRY)」、プレステージスキンケアブランド「ファースト エイド ビューティ(FIRST AID BEAUTY)」などのビューティブランドを買収してきた。テイラー会長兼社長兼CEOは「18年度は大きく進捗した。他社との競争が激しくなる中、経営コストの効率化や顧客ニーズに応えることに全力を注いでいる」と語った。なお、19年の既存事業の売上高は前期比2〜3%増を見込む。北米では「パンパース(PAMPERS)」の値上げを計画しており、すでに「バウンティー(BOUNTY)」「チャーミン(CHARMIN)」「パフス(PUFFS)」の値上げを実行中だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら