ファッション

百貨店、第2弾の夏物セール 全国141店舗で開催

 日本百貨店協会は17日、加盟する百貨店による販促イベント「プレミアムサマーバザール」を7月27日から実施すると正式発表した。衣料品の夏のクリアランスセールが一服し、売り上げが落ち込む時期の活性化策として、第2弾のセールを柱にしたイベントを最終金曜日のプレミアムフライデーのタイミングに合わせて行う。全国の141店舗が参加する。

 政府が旗振り役のプレミアムフライデーを盛り上げるという名目のため、共通のロゴやポスターを展開するが、開催期間や名称は各百貨店がそれぞれ設定する。日本百貨店協会は「プレミアムサマーバザール」の名称を推奨するものの、独自の名称を謳う百貨店も少なくない。三越伊勢丹ホールディングスは「ミッドサマーセール」、高島屋は「真夏のスパートSALE」、そごう・西武が「お盆マルシェ」、東武百貨店は「夏デパ!TOBU祭」の名称を付けた。

 昨年まで夏のセールを7月半ば開始で行っていた三越伊勢丹ホールディングスが前倒しを決めたことで、今年は各社がほぼ6月29日開始で足並みをそろえた。さらに2回目のセールを同時に行うことでも各社は共同歩調をとるにに至った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。