ファッション

「フェンディ」がキオスク開店 人気の「FFロゴ」をアップデート

 「フェンディ(FENDI)」は7月4~10日、伊勢丹新宿本館1階のザ・ステージで2018-19年秋冬の新作を集めたポップアップイベント「フェンディ キオスク(FENDI KIOSK)」を開催している。7月25~31日には、阪急うめだ本店の1階コトコトステージ11でも行う。

 注目は、「FFロゴ」を大胆にあしらった「FF リローデッド カプセルコレクション(FF RELOADED CAPSULE COLLECTION)」だ。1965年にカール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)が「ファーをファン(楽しく)したい」と考案した「Fun Fur」の頭文字を組み合わせてデザインしたもの。「FFロゴ」はこれまでさまざまな形に変化を遂げてきたが、2018年プレフォールにアップデートされたロゴは、正方形のボックスシルエットでグラフィカルな印象だ。 

 また、日本限定で「FFロゴ」をヒョウ柄のように表現した「フェンディ スプラッシュ(FENDI SPLASH)」柄を用いたカプセルコレクションも並ぶ。人気バッグの“ピーカブー(PEEKABOO)”から“バイ ザ ウェイ(BY THE WAY)”“ラナウェイ(RUNAWAY)”“モン トレゾール(MON TRESOR)”、別売りストラップ“ストラップ ユー(STRAP YOU)”、iPhoneカバー、財布、スカーフまで幅広くそろえる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら