ファッション

「レリアン」が世界遺産の京都・東寺で初のショー 50周年を記念

 婦人服ショップ「レリアン(LEILIAN)」は6月9日、世界遺産の京都・東寺で初のファッションショーを開催した。創業50周年を記念し、これまでの感謝を込めて西日本の顧客約150人を招待。晴天に恵まれた昼下がりに、境内の五重塔を望む本坊・客殿で2018-19年秋冬の商品を発表した。

 18-19年秋冬は “Dress to meet you(あなたに会うための服)”というメッセージを込め、“レリアンに袖を通すことで、どこかへ行きたくなる”という高揚感を表現した。オールホワイトのジャケットスーツや、ピンクからブラックのグラデーションを加えたツイードのジャケットドレスなど品のある上質なフォーマルウエアがそろった。コーディネートでは、プリーツを利かせたコルセット風ベルトや、レザーのウエストポーチ、細ベルトなど、ウエストマークをポイントにした。スペシャルモデルとして、生方ななえがファーストとラストルックを飾った。ショーの後は披露した商品の受注会を開催した。

 レリアンは1968年にレナウン、伊藤忠商事、三菱レイヨンの3社による共同出資で設立。創業時から“ファッションセンスのある一般の主婦”を店長に据える戦略で成長し、現在、百貨店を中心にインショップ展開で約260店舗を構える。商品は提携するアパレルメーカーによる生産で、さまざまの企業との別注商品を得意とする。アニバーサリーイヤーのイメージキャラクターには、顧客と同世代の天海祐希(50)を起用。ファッションショーは今回の京都の他、14日に東京でも開催予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら