ファッション

「リック・オウエンス」と「ビルケンシュトック」のコラボサンダルが日本上陸

 「リック・オウエンス(RICK OWENS)」と「ビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)」はコラボレーションポップアップストアを6日から、新宿伊勢丹本店本館とメンズ館、エストネーション六本木ヒルズ店で同時開催した。3モデル全13色を販売する。価格は3万9000~5万7000円。

 リック・オウエンスは、「ビルケンシュトック」のアイコンモデル“アリゾナ(ARIZONA)”“ボストン(BOSTON)”“マドリッド(MADRID)”を選び、アーミーフェルト、スエード、フルグレインレザー、ロングヘアーカウという4つの異なる素材の採用や、ストラップを長くし穴の数を増やすなどで、オウエンスの“美学”を加えた。

 なお今回の商品は4月17日にロサンゼルスで始動した可動式リテールスペース「ビルケンシュトック ボックス(BIRKENSTOCK BOX)」で販売したものとなる。

■「リック・オウエンス」 × 「ビルケンシュトック」 ポップアップストア
日程:6月6~12日
時間:10:30~20:00
場所:新宿伊勢丹本館2階

日程:6月6~12日
時間:10:30~20:00
場所:新宿伊勢丹メンズ館2階

日程:6月6~19日
時間:11:00~21:00
場所:エストネーション六本木ヒルズ店

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら