ファッション

「リック・オウエンス」と「ビルケンシュトック」のコラボサンダルが日本上陸

 「リック・オウエンス(RICK OWENS)」と「ビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)」はコラボレーションポップアップストアを6日から、新宿伊勢丹本店本館とメンズ館、エストネーション六本木ヒルズ店で同時開催した。3モデル全13色を販売する。価格は3万9000~5万7000円。

 リック・オウエンスは、「ビルケンシュトック」のアイコンモデル“アリゾナ(ARIZONA)”“ボストン(BOSTON)”“マドリッド(MADRID)”を選び、アーミーフェルト、スエード、フルグレインレザー、ロングヘアーカウという4つの異なる素材の採用や、ストラップを長くし穴の数を増やすなどで、オウエンスの“美学”を加えた。

 なお今回の商品は4月17日にロサンゼルスで始動した可動式リテールスペース「ビルケンシュトック ボックス(BIRKENSTOCK BOX)」で販売したものとなる。

■「リック・オウエンス」 × 「ビルケンシュトック」 ポップアップストア
日程:6月6~12日
時間:10:30~20:00
場所:新宿伊勢丹本館2階

日程:6月6~12日
時間:10:30~20:00
場所:新宿伊勢丹メンズ館2階

日程:6月6~19日
時間:11:00~21:00
場所:エストネーション六本木ヒルズ店

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら