ファッション

100ブランドのナチュラル&オーガニックが集結 東武百貨店でイベント開催

 東武百貨店池袋本店は3月29日~4月3日、マッシュビューティーラボと協業し、ナチュラル&オーガニックの暮らしを提案する催事「食とコスメとやさしいくらし『Natural&Organic Fes』」を池袋本店で開催する。コスメやフードなど100を超えるブランドが集結。また、アーティストのライブや専門家によるトークショーなど約20のイベントを日替わりで実施する。

 同催事では環境省が取り組んでいる、安全で豊かな国づくりを行うための「つなげよう、支えよう里森川海プロジェクト」の一環で、東武東上線沿線にある小川町とタイアップを実施する。同プロジェクトのアンバサダーによるイベントや小川町で採れた野菜を使ったグルメを販売する。さらに、会場限定のイートイングルメを用意。東京・代官山に初上陸したオーガニックアイスクリーム「スリーツインズ アイスクリーム(THREE TWINS ICE CREAM)」や、東京・原宿のスイーツ店「スウィート エックスオー グッド グリーフ(SWEETXO GOOD GRIEF)」のフローズンポップコーンとレインボーコットンキャンディーの限定メニューを販売する。さらに、コスメキッチン(COSME KITCHEN)をはじめ、世界各国のスキンケアやメイクなどのコスメをラインアップする。

 東武百貨店池袋本店とマッシュビューティーラボは環境省協力のもと、同催事を通じて女性のライフスタイルをサポートし、生活習慣の改善を提案する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら