ファッション

東武池袋に通常5倍の巨大スイーツ 開店55周年を記念

 東武百貨店 池袋本店は6月7日まで、開店55周年を記念し、「5」にちなんだ、重量約5倍のビッグスイーツや555円スイーツなど、“55(ここ)”でしか買えないスイーツを限定発売中だ。会場は地下一階と二階の食品売り場。

 重量約5倍のビッグスイーツは、「新宿中村屋」の“大月餅”(小倉餡と木の実餡の2種で、限定各150点各626円)や「泉屋 東京店」の“Bigリングターツ”(限定155点594円)、「パティスリー モンシェール」の“ビッグフルーツハッピーポーチ”(1296円)、「金沢和音」の“ギガ団子”(454円)の4種類が登場。これらに加え、重量約1.5倍や約1.55倍のスイーツもラインアップし、計10種類がそろっている。

 さらに、「パステル」のビッグサイズ“王冠プディング”や「キッシュヨロイヅカ」の5種類のベリーをのせた“サンクベリー”、「鶴屋八幡」の餡と生地を5色で彩った“5色上用”、「おかず本舗 佃浅」の“小さな五目弁当”などの特別商品は、それぞれ555円で販売する。

 

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら