ファッション

池袋東武が「ガッチャマン」や「ハクション大魔王」などとコラボ

 1962年に開店した東武百貨店池袋本店は5月25日、55周年を記念し“TOBU×タツノコプロ GoGo プロジェクト”をスタートする。同プロジェクトは、開店55周年の「東武百貨店池袋本店」と創立55周年のタツノコプロが今年“55”をキーワードとする取り組みを行なっていることから実現した。

 5月25日から6月7日まで開催される“開店55周年記念、全館大感謝祭”では、ハクション大魔王やドロンジョ様などの東武限定ピンバッチ(各500円)を販売、8階催事場にはキャラクターたちのパネルと写真撮影ができるフォトスポットも用意する。さらに、東武鉄道コラボで、タツノコプロのキャラクターが描かれたラッピングトレインが東武東上線の池袋駅〜小川町駅区間を運行する。開店記念日の5月29日は、池袋本店に来店した3000人限定で人気キャラクターのイラストが入った「アンリ・シャルパンティエ(HENRI CHARPENTIER)」の限定サブレを2階の5番地特設会場でプレゼントする。

 7月27日から8月8日まで8階催事場で開催の“タツノコプロ創立55周年記念展”は「科学忍者隊ガッチャマン」や「タイムボカン」などの当時のセル画や原画、設定資料などを100点以上用意。貴重な70、80年代の玩具を150点以上を公開する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら