ファッション

2018-19年秋冬「アマゾン ファッション ウィーク東京」が開幕 「フライノック」のショーにK-POP超新星のメンバーも来場

 2018-19年秋冬シーズンの「アマゾン ファッション ウィーク東京(Amazon Fashion Week TOKYO以下、AFWT)」が19日に開幕した。東京の渋谷ヒカリエを主会場に、24日までの6日間で59ブランドのショーやプレゼンテーションが行われる。

 トップバッターとしてショーを見せたのは、韓国・ソウル発のメンズ、ウィメンズブランド「フライノック(FREIKNOCK)」。元プロサッカー選手だったというデザイナーのユジュ(Joohyung You)は、「子どもの頃から『アンダーカバー(UNDERCOVER)』などの日本のブランドがすごく好きで影響を受けてきた。日本でも韓国のファッションや自分のブランドを広めたいと思い、東京でのショー開催を決めた」と話す。会場には、ユジュの友人でブランドのゼネラルマネジャーを務めているというK-POPグループ、超新星のゴニルや、その他K-POPのアーティストらも駆け付けた。ショーは雑誌の「GQ ジャパン(GQ JAPAN)」がプロデュースしたという。

 19日19時には、3月のパリ・ファッション・ウィーク中に初のプレゼンテーションを行った「マメ(MAME KUROGOUCHI)」が、東京で初のショーを開催する。「AFWT」の冠スポンサーであるアマゾン ファッション(AMAZON FASHION)主催のプログラム「アット トーキョー(AT TOKYO)」の一環として行われるもの。「マメ」の他、「アンブッシュ(AMBUSH)」「ネイバーフッド(NEIGHBORHOOD)」「ティー(TTT_MSW)」も同プログラム内で発表を行う。

 今季の注目は他に、18年の「LVMHヤング ファッション デザイナー プライズ」のセミファイナリストに選出されていた「アキコアオキ(AKIKOAOKI)」、「ケイスケヨシダ(KEISUKE YOSHIDA)」「ヨウヘイ オオノ(YOHEI OHNO)」などの若手ブランドや、初参加の「ザ・ダラス(THE DALLAS)」「リロト(LIROTO)」など。第4回「東京ファッションアワード(TOKYO FASHION AWARD)」に選出された「ディガウェル(DIGAWEL)」「ボディソング(BODYSONG.)」などメンズ6ブランドも24日に発表する。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら